メッセージ

 ナイチンゲールの名言に「この世で最大の不幸は、戦争や貧困などではありません。人から見放され、自分は誰からも必要とされてないと感じることなのです」とあります。

 私は北赤羽で居宅介護支援事業所やデイサービスなど在宅介護事業所と鍼灸整骨院を経営しています。3年前より地域の方々と一緒に、経営するデイサービスを拠点に、「子ども食堂」、「フードパントリー」、「無料の学習塾」などを開催しています。

どんな辛いことがあっても心配するな!

何度でもやり直せる社会、ともに助け合う地域、そんな北区をみんなで作りたい。

高齢者も障がい者も児童もペットも「ともに生きる」共生社会の実現を目指します!

佐藤 司

北区議会レポート

令和5年度 北区議会にて、定例会での初質問を行いました。サポートにまとめましたのでぜひご覧ください。

プロフィール

Profile

学歴

役職

資格

政 策

1 総合事業の介護報酬を引き上げる!

2024年の介護保険改正は、北区の総合事業の報酬を上げて、介護事者の経営と高齢者の介護サービスを守ります。

2 介護保険料を安くする!

月額6,100円の介護保険料を安くします。財源は財政調整基金178億円(令和3年度末)と介護保険給付費準備基金を使います。

3 保育士・介護士の配置を増やす!

補助金を活用して、介護施設や保育園の人員配置を見直します。職員に処遇改善加算で給与をアップします。

4 シングル家庭にお米を配る!

「きたく(北区)お米プロジェクト」2000世帯のシングル家庭に毎月5キロのお米と食材をボランティアが届ける制度を創設し、そのための予算を確保します。

※下記表示で「通知がまだされておりません」と表示される方へ。ご覧になっているブラウザのX(旧Twitter)へログインシしてからご覧ください。

ブログ

  • 2024年2月26日接骨院の短期集中予防サービス(通所型サービスC)について
    通所型サービスCとは、生活機能を改善するための運動などのプログラムを実施する短期集中予防サービスです。令和6年度は4か所で短期集中予防サービスを実施する予定とのことです。私は、北区内で20年以上、接骨院を経営しています。 目黒区、台東区、江東区、立川市、松戸市、西東京市、稲城市、足利市、名古屋市などは、地元の接骨院・整骨院で、柔道整復師が通所型サービスCを行っています。4月以降、要支援者や事業対象 ...
  • 2024年2月26日高齢者福祉マッサージ券の支給について
    要介護者等紙おむつ支給に関連しますが、北区では、在宅の方で介護保険の要介護者4・5と認定されていた方は、枚数9枚のマッサージ券を支給されることができます。 一方、練馬区、板橋区、新宿区などは、高齢者の健康保持や増進のため65歳以上の方は要介護者でなくても、誰でも、はり、きゅう、マッサージ指圧のサービスを1回1,000円ぐらいの自己負担で年9回ぐらい利用できます。また、家族介護リフレッシュ事業として ...
  • 2024年2月26日要介護者等紙おむつ支給について
    尿失禁は、女性高齢者の約30%および男性高齢者の15%で発生しています。尿失禁は、通常、直接生命にかかわることはないが、生活の質を脅かす疾患で、精神的な苦痛や日常生活での活動性低下をもたらします。 多くの自治体は要介護高齢者を対象とした紙おむつ支給制度を実施しています。北区は①介護保険の要介護4・5と認定された40歳以上の方。②介護保険の要介護3と認定された75歳以上の方は、月1回、紙おむつを配送 ...

ボランティア募集

 佐藤つかさの政策や活動に共感して下さる方、もしくはご一緒に活動をご協力して下さる方を募集しております。

北区を住みやすい区にするために!

何卒ご協力お願い申し上げます。

また、ポスターを掲示する場所もご提供して頂ける方も集っておりますので、こちらもご協力いただける方は下記よりご連絡くださいませ。

佐藤つかさ 事業所(くるみデイサービス内)